荷造りのコツ|引っ越し前の準備やコツを知って、効率良く新居に移ろう!

引っ越し準備で大変な荷造りのコツを伝授します

荷造りのコツ

ダンボール

普段出さないものを先に荷造りする

荷造りは普段使わないものを優先的に着手していきましょう。迷ったら押入れから始めると良いです。押入れは不用品がたくさん出てくるので、処分に時間がかかってしまいます。なので処分作業も荷造りと同時進行で進めて下さいね。来客用の大きな布団などはすぐに運べるように梱包したら引っ越し当日まで押入れに収納して作業スペースを確保しましょう。洗面用具や歯ブラシ、着替えやタオルなどは引っ越してすぐに使用するので、手持ちで運ぶようにしてください。それからトイレットペーパーとドライバーも手荷物として持っておきましょう。ドライバーは引っ越しの際に何かと使う機会が多いですし、トイレットペーパーも忘れがちですので手荷物でもっていくようにしてくださいね。

玄関から離れている部屋から着手しよう

引っ越し当日までは、これまでと変わらずに家で生活をします。そんな時に玄関付近や家族の導線上にたくさんの荷物があると通りづらかったりしますよね。そこで、玄関と離れた場所から荷造りを着手して、奥の部屋を荷物を置くスペースとして活用すれば、生活の導線上に荷物を置かずに済みます。ただでさえ荷造りは大変ですし、荷物で溢れかえる家を見ると引っ越し準備が億劫になってしまいますよね。そうならないためにも、玄関から離れた部屋から荷造りを着手しましょう。

重い物は小さな段ボールへ

荷造りの際に使用する段ボールは、引っ越し業者が用意したものを利用しますよね。引っ越し用の段ボールには3つのサイズがあります。例えば一番小さい段ボールは食器や本、CDやDVDなどです。中くらいの段ボールには小物類やおもちゃなどを詰めます。一番大きな段ボールに衣類を詰めていきます。もし大きな段ボールいっぱいに本を入れてしまうと、業者が持ち運べないくらい重くなってしまったり、運ぶ時に底が抜けてしまうことがあります。ですから重くなる本などは一番小さな段ボールに入れるようにしましょう。段ボールに荷物を詰めたら、引っ越し先のどこの部屋に置くのか段ボールに直接書いておくと引っ越し先での作業が順調に進みます。また、食器などの割れるものには赤字で「ワレモノ」などの表記を必ずしておきましょう。

引っ越しの準備は計画的に

引っ越しの準備は、とても時間がかかる作業ですよね。引っ越しの業者と日程が決まったら、余裕を持てるように引っ越し準備を計画的に進めていくことが大事です。引っ越し予定の2週間前には着手しておくことをおすすめします。直前になって慌てないために何事も計画的に!

広告募集中